Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Cras sollicitudin, tellus vitae condimentum egestas, libero dolor auctor tellus, eu consectetur neque.

Press enter to begin your search

補聴器の選び方

購入時に不安を抱くことは無理もないかもしれません。
○まずは自分の耳の状態を知る
難聴は軽度難聴から、重度難聴まで、人によって様々です。 適切なパワーの補聴器を選ばないと、結局聞こえなかったり、逆に耳を悪くすることもあ ります。
※ここでいうパワーとは、補聴器から出る最大の音量です。 難聴の状態を調べるには、しっかりとした「聴力測定」が必須です!
○聴力によって補聴器のパワーが変わります
重度難聴の方は充分なパワーのある補聴器、軽度難聴の方にはパワーの強すぎない補聴器 が必要です。ここでいうパワーは、最大の音量と考えていただいて結構です。 補聴器は元々、調整によって色々な聴こえの方が使えるように作られています。 このおかげで、軽度難聴の方が、購入後に聴力がある程度下がっても同じ補聴器を使うことが 出来ます。
わたしにピッタリの補聴器選び
○補聴器の形について
基本的に目立ちにくい補聴器は、機械が小さく、取り扱いが細かくなります。 逆に、取り扱いが簡単な補聴器は、目立ちやすくなります。 そして、目立ちやすさ、使い勝手などは、実際に補聴器を触ってみないとわからないもの です。
ご自身の生活に当てはめて形を選んで頂けると良いと思います。 (メガネをしている方は耳穴等)

耳あな型
耳穴に収まるタイプ耳穴にすっぽり収まる小型ものから耳の外にまでくる大型のものまで いくつかのタイプがあります。 耳穴の形状ときこえの程度にあわせてつくるオーダーメイドタイプが一般的です。
耳かけ型
耳にかけて使用します。操作が簡単で使いやすいのが特長。汗が入りやすいのが難点です が汗に強い機種も出ています。
ポケット型
本体をポケットに入れてイヤフォンとコードをつないで使用。操作は比較的簡単で、機種に よって高出力が得られます。 コードが邪魔になったり、たまに衣ずれ音が入る事があります。
メガネ型
メガネのツルの部分に補聴器を内蔵させています。メガネと補聴器を併用できる利点はあ りますが、レンズと補聴器の両方を調整する必要があります
○補聴器には様々な価格があります
主な補聴器のメーカーは、様々な価格帯の補聴器を用意しています。 ですので、聴力測定をもとに、適切な補聴器を選ぶのは、どのメーカーでも出来ると思っ て良いでしょう。 しかし、とても大事なことが! 実は、メーカーによって「音質」がかなり違うのです。 お客様が「騒がしい場所」で使いたいのか、「静かな場所」で使いたいのかで、適切な音質 が異なります。
お客様の用途に合った補聴器を選ぶ事が大事になってきます。
最後に・・・ 補聴器選びにはしっかりとした防音室や様々な設備が整った専門店
をお勧めします。