Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Cras sollicitudin, tellus vitae condimentum egestas, libero dolor auctor tellus, eu consectetur neque.

Press enter to begin your search

『聴力の衰え』について

こんにちは大垣店の水谷です。

今回は聴力についての話を書きたいと思います。
年齢を重ねる毎に周波数の高い音から聴力が下がっていくことは補聴器のカタログ等の資料でよく見かけます。
またそれと並んで周波数の高い音が聴こえないと、カ・サ・タ行の子音(無声子音)を聴き取ることが出来なくなり
会話にも影響が出るとの内容の文章や図が記載されており、
この話は補聴器を購入される前から聴力や補聴器に対する知識としてご存知の方も多いのではないでしょうか?
では、補聴器でその周波数の音が聴こえるようになればカ・サ・タ行がはっきりと聴き取れるようになるのでしょうか?
実際に補聴器を使用されている方の中には聴こえるようになった方とそうでない方がいらっしゃると思います。
原因はどこにあるのでしょう?
音を聴き取ることと音声を聴き取ることは同じことのように考えがちですが、それぞれの力を別に考える必要があり、
この力に問題の原因があることがあります。もちろん音質調整で改善する場合もあります。
補聴器を使用されている方は音の聴こえの測定(純音聴力測定)は受けているはずですが、
音声の理解力の測定(語音明瞭度測定)は受けたことの無い方はぜひご来店ください。
補聴器に対する理解が深まると思います。